忍者ブログ

[PR]

2017.05.01 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

膀胱炎になる原因

2014.04.27 - 膀胱炎
膀胱内で炎症が起こり、尿を排泄する際に膀胱の働きに支障が出てしまう病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)を膀胱炎(特に女性がなりやすく、再発しやすいという特徴があります)と呼んでいます。膀胱炎は、男性女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の性別を問わず、誰にでも起こりうる病気(先天的なものも少なくないでしょう)ではあるのですが、では、膀胱炎(急性、慢性、間質性、出血性に分けることができるでしょう)を起こしてしまったりする原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)とは一体、どのような物なんでしょうか?

一般的には、膀胱炎の原因の大半は細菌感染だと言われています。元々、膀胱内には少量の細菌が存在しているのですが、抵抗力がありますのでに何も症状が起きないのが普通です。しかし、体調が悪くなってしまうり、疲れやストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)を感じていると、抵抗力が低下してしまいます。このような場合には、膀胱内の細菌が増えてしまい、炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)を起こしてしまうことにより膀胱炎(急性、慢性、間質性、出血性に分けることができるでしょう)となっていくのです。

ちなみに、膀胱炎を起こす原因である細菌には様々な種類の細菌がいます。代表的な細菌に、ブドウ球菌や腸球菌などがありますが、そのなかでも膀胱炎を起こす原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)の約八割が大腸菌です。男性より女性の方が、膀胱炎(特に女性がなりやすく、再発しやすいという特徴があります)になりがちなとよく聞きますよね。これは、女性は男性に比べると尿道が短く、膣や肛門などの細菌が多く存在している部分が尿道の近くにあるのでに、清潔に保つこどが出来ずに細菌感染してしまって膀胱炎(1歳になるまでは、男の子の方がなりやすいのですが、その後はめったにならないでしょう)を発症しがちと思っております。

それに、尿を我慢すると膀胱炎(急性、慢性、間質性、出血性に分けることができるでしょう)になりやすいというような話も聞くことがあると思います。実は、排尿は尿道や膀胱に存在している細菌を排泄する事で洗い流すと言う役割を果たしています。ですので、よく水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を摂って排泄するということがとても重要です。http://lucky1170.269g.net/article/17484543.html
PR
   ▲ENTRY-TOP

膀胱炎の症状って

2014.04.27 - 膀胱炎
男性よりも女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)に多く見られる代表的な病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)の一つに、膀胱炎(特に女性がなりやすく、再発しやすいという特徴があります)が挙げられるでしょう。

女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)の5人に1人は、一度は膀胱炎(1歳になるまでは、男の子の方がなりやすいのですが、その後はめったにならないでしょう)を経験した事があると言われているほど、女性にとってはポピュラーな病気でもあります。では、膀胱炎にかかるとどれくらいの症状が出るのか、今回は説明していきましょう。膀胱炎はその名の通り、細菌感染によっても膀胱の粘膜に炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)が起きるという病気です。

トイレ(トイレ掃除をすると金運がよくなるといわれています)に行ったばかりなのにまたトイレ(近年では、ウォシュレットや擬音装置がついた公衆トイレも多いですね)に行きたくなったり、仕事中や外出先、睡眠時にも何度も尿意を覚えるような「頻尿(一回の尿の量が多い場合には、水分のとり過ぎが原因のことがほとんどでしょう。糖尿病の人が水分をとり過ぎた結果として頻尿になることもあります。尿崩症や慢性腎不全の場合もあるかもしれません)」。これも、膀胱炎の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)の一つです。

他にも、今トイレに行って排泄したばかりなのに、なんだかまだ全部を出し切っていないような残尿感を膀胱に感じたり、腹部がすっきりしないような違和感を感じることも、膀胱炎(1歳になるまでは、男の子の方がなりやすいのですが、その後はめったにならないでしょう)の代表的な症状の一つでしょう。また、膀胱炎は痛みを感じるところもあるでしょう。俗に言うのが、つーんとしたしみるような痛みで、この痛みを尿の終わりに感じる人が多くいらっしゃるでしょう。これは膀胱炎になっていることから膀胱の内側が敏感になり、痛みが起こっているのです。

加えて、膀胱炎を治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)せずに放置したりしたら、炎症を起こしている部分から出血し、尿に血液が混じることもあり、尿が白く濁って見える場合があります。血尿が出ればどういった方でも膀胱炎かも?と疑うのですが、白く濁ったままだと膀胱炎だと気がつかずに放置してしまう事も少なくありませんね。上記っぽい症状が出た場合、放置はせず、すぐに病院へ行って診察してもらう必要があります。http://blogs.yahoo.co.jp/dogkaikata25/33312164.html
   ▲ENTRY-TOP
カテゴリー
最新記事