忍者ブログ

[PR]

2017.12.18 -
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   ▲ENTRY-TOP

膀胱炎になる原因

2014.04.27 - 膀胱炎
膀胱内で炎症が起こり、尿を排泄する際に膀胱の働きに支障が出てしまう病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)を膀胱炎(特に女性がなりやすく、再発しやすいという特徴があります)と呼んでいます。膀胱炎は、男性女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の性別を問わず、誰にでも起こりうる病気(先天的なものも少なくないでしょう)ではあるのですが、では、膀胱炎(急性、慢性、間質性、出血性に分けることができるでしょう)を起こしてしまったりする原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)とは一体、どのような物なんでしょうか?

一般的には、膀胱炎の原因の大半は細菌感染だと言われています。元々、膀胱内には少量の細菌が存在しているのですが、抵抗力がありますのでに何も症状が起きないのが普通です。しかし、体調が悪くなってしまうり、疲れやストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)を感じていると、抵抗力が低下してしまいます。このような場合には、膀胱内の細菌が増えてしまい、炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)を起こしてしまうことにより膀胱炎(急性、慢性、間質性、出血性に分けることができるでしょう)となっていくのです。

ちなみに、膀胱炎を起こす原因である細菌には様々な種類の細菌がいます。代表的な細菌に、ブドウ球菌や腸球菌などがありますが、そのなかでも膀胱炎を起こす原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)の約八割が大腸菌です。男性より女性の方が、膀胱炎(特に女性がなりやすく、再発しやすいという特徴があります)になりがちなとよく聞きますよね。これは、女性は男性に比べると尿道が短く、膣や肛門などの細菌が多く存在している部分が尿道の近くにあるのでに、清潔に保つこどが出来ずに細菌感染してしまって膀胱炎(1歳になるまでは、男の子の方がなりやすいのですが、その後はめったにならないでしょう)を発症しがちと思っております。

それに、尿を我慢すると膀胱炎(急性、慢性、間質性、出血性に分けることができるでしょう)になりやすいというような話も聞くことがあると思います。実は、排尿は尿道や膀胱に存在している細菌を排泄する事で洗い流すと言う役割を果たしています。ですので、よく水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を摂って排泄するということがとても重要です。http://lucky1170.269g.net/article/17484543.html
PR
   ▲ENTRY-TOP
カテゴリー
最新記事